アパートとマンションの違いと変遷

Author: copywriter
2013年10月8日

一つの建物が複数の部屋に仕切られて、それぞれの部屋を独立した住居として使われる集合住宅をアパートと言います。マンションも同じように集合住宅ですが、アパートは木造か軽量鉄骨でたてられているのに対し、マンションは鉄筋、または鉄筋鉄骨コンクリートなどで建築されたものを指します。
またマンションは低層のものから高層のものまであるのに対し、アパートは2、3階建ての低層のものが多いです。そしてマンションは賃貸も分譲もありますがアパートは賃貸のものがほとんどです。



アパートができたころは宿泊施設的なもので風呂やトイレ、台所、洗濯場は共同で中には食事を用意してくれるところもあり、各部屋は寝たりくつろいだりするだけのものでしたが、次第に住居用となり、現在では台所や洗濯場、風呂やトイレは各部屋に設置されていて、生活の総てが各部屋でできるようになっています。
家族で住めるタイプのアパートも増えて、外構も内装もモダンなアパートがたくさん建築されています。
そして一部屋が2階建てになっていて一戸建てがつながっているようなアパートもできてきています。アパート探しは不動産業者で行う事ができますし、業者が提供している賃貸情報を利用して行う事ができます。どちらの場合も条件を指定して、物件を探す事ができます。
賃貸情報を利用して探す方法は、多くのカテゴリを利用して探す事が可能です。
カテゴリには路線や住所や家賃や部屋の間取りなどがあります。
カテゴリを利用して条件に見合った、アパート探しができます。賃貸情報では業者がおすすめアパート物件の情報を提供していることもあります。


おすすめ物件は敷金や礼金が無料の物件などが、紹介されています。賃貸情報で気に入った物件が合った場合には、業者へ問合せをして見学する事もできます。
見学して条件を満たしているアパートの場合には、不動産業者と賃貸契約が必要です。賃貸契約には家賃の他に、敷金や礼金が必要になりますし、保証人が必要になって来ます。不動産業者によっては、保証人は不要で賃貸保証会社を利用しているケースがあります。
保証会社の保証を受けて、賃貸契約をしてアパートを借りることになります。